シンガポール

シンガポールで就職するための8つのステップ

シンガポールは、税率が低く、生活費もあまりかからず、温暖で温かい気候な場所として有名です。アジアのハブとしても知られるシンガポールは、安全で有効的な都市でもあります。そんな素敵な都市で仕事を見つけ、暮らしていきたいと思っている人はたくさんいることでしょう。

幸いなことに、アジアの都市の雇用市場は着実に成長しています。 より多くの業界が進出してきており、外国人や現地の人々がスタートアップ企業を設立するケースが非常に増えています。外国人がシンガポールで仕事を見つけるのは比較的簡単だと言えます。

しかし、どのように始めたらよいのでしょうか?

シンガポールへ送金、もしくはシンガポールから送金しますか? TransferWiseを使うと、銀行の最大8倍の節約になります。

始める前に、まずは言葉です。

銀行や送金プロバイダーは、為替レートの低さで大きな利益を得ている場合があります。 つまり、国際送金には、おそらくあなたが思っているよりも多くのお金を払う必要があるのです。

しかし、TransferWiseでは違います。海外に送金する際、銀行ではなくTransferWiseを使用すると、最大8倍の節約になります。

TransferWiseは、できるだけ簡単に、世界中にお金を移動させる新しいシステムです。 銀行レベルのセキュリティを備え、国境を越えて生活する人、旅行をする意図、またはビジネスを行うすべての人のために、より優れた、低価格の、より公正なシステムを構築しています。金融サービスは、銀行の利益ではなく、公正で、透明で、シンプルで、顧客にサービスを提供するように構築されるべきです。

為替レートがよくないと金銭的なダメージも大きくなりますが、TransferWiseを使用すると、実際の為替レートで交換できます。これは、Google、XE、ロイターなどの独立したソースのレートです。 手数料は公平で(手数料は0.35%と低い)、おそらく、銀行よりも早くお金が手に入ります。

TransferWiseのスマートな新技術は、世界中の現地の銀行口座をつなぐことにより、多額の国際送金手数料を省くことができます。 アカウントは無料で作れますし、月額使用料金はかかりません。 受取者はTransferWiseユーザーである必要はありません。送金先の国の銀行口座が必要なだけです。

まだわかりませんか? TransferWiseで送金方法を確認し、そして、ぜひ試してみてください。

さて、それでは話を元に戻しましょう。

ここでは、シンガポールで就職する8つのステップをご紹介します。

1.シンガポールで働けるための資格を確認する

本格的な就職活動に入る前に、シンガポールで働くための役に立つ資格があることを確認することをお勧めします。資格には、いくつかの種類の許可があります。 シンガポールの労働省は、適性を評価するために、オンラインの自己評価ツールSmArTを公開しています。

SmArTアセスメントはあなたの能力や適性について色々な評価をしてくれますが、それは資格があるという保証ではありません。個人的背景などのいくつかの要因は、オンライン評価では考慮されていません。所定の仕事があり、給与をもらえるという最低要件を満たす場合でないと就労ビザを申請できないので注意してください。 つまり、シンガポールの就労ビザを申請することが最後のステップとなります。

2.これから成長する業界を選ぶ

シンガポールには多くの市場がありますが、他の産業よりも強力な産業もあります。 歴史的に、シンガポールは金融専門家、特に監査と証券の専門家を誘致してきました。

金融の業界は相変わらず強いですが、新しい産業が南アジアの都市で急速に成長しています。 ITワーカー、デジタルマーケティング担当者、コンプライアンススペシャリストの仕事が急増しています。テクノロジーとeコマースの分野でも需要が高く、UIデザイナーとUXデザイナーの採用、接客業、サービス業、観光、コンピューターサイエンスなどでの採用がどんどん増えてきています。 シンガポールでは、人事管理と人事リーダーなどの職種の採用もあります。

3.一般的な雇用慣行を理解する

シンガポールで仕事をする前に、シンガポールで一般的な雇用慣行があなたのライフスタイルに適しているかどうかを事前に確認することをお勧めします。

給与、スキルトレーニング、資格取得などのやめの休職、休暇、勤務時間、契約などに関する情報を把握している労働省では、シンガポールで働くことが実際にどのようなものかを理解するのに役立つ包括的な情報が閲覧できます。

4.オンラインで調べる

シンガポールで仕事を探すのに最適なのはオンラインです。検索がよりスムーズにできるようしてくれるWebリソースが多数あるためぜひ利用してみてください。以下のサイトはシンガポールの求職者がよく使用しているサイトです。

Best Jobsは、多くの業界の求人情報の膨大なアーカイブを網羅しています。

Monsterでは、シンガポールのすべてのマーケットのリストが検索できます。

eFinancialCareersには、シンガポールの最大の市場-金融での求人情報が載っています。

Jobs Centralには、あらゆる業界の膨大な数のリストが載せられています。

CareerLink シンガポールは日本語ネイティブ向けの求人リストがあります。

5.職業紹介所の人に会う

ほとんどの求人がオンラインに掲載されていますが、人材紹介会社を利用するのも多くのメリットがあります。 リクルーターが履歴書、送付状、面接の準備などのお手伝いをしてくれます。希望する企業の業績や社風に関することなどに関しての情報も提供してくれるはずです。

自力で調べることで、自分が希望する業界と自分のスキルに最適な紹介所を選択することが重要ですが、次の紹介所は現地でも信頼できる紹介所として人気のある紹介所です。

・3C Synergyは建設、石油、ガス関係の求人を紹介してくれます

・Aegisはあらゆる業界での求人を紹介してくれます

・American Association Career Resource Centerは、外国人の就職支援を専門としています

金融、テクノロジー、技術、科学、接客業などの仕事のためのキャリアコンサルタントです

・Spencer Stuartは、さまざまな業界の求職者を募集しています

6.人に会う

ネットワークを作ることは、どんな場所で仕事を探すにしても非常に重要です。それは、シンガポールでも同様です。就職活動中に市内を訪れる機会があれば、ぜひとも参加してほしい素晴らしいグループがあるのでご紹介いたします。

 ・Startup Grind Singaporeでは、活気あるスタートアップコミュニティに参加できます

・The Hubにはネットワークイベントや素晴らしい就職のヒントを得たり、人に出会えます

・TiE Singaporeでは意欲的な起業家やメンターに出会えます

・Meetupにはたくさんのビジネスマンやプロが集います

シンガポールに行けない場合でも、ネットワークを持つ方がよいでしょう。ブログやツイッター、またLinkedInなどで色んな専門家とつながりを持つことで、シンガポールでの仕事や、ビジネスの紹介を紹介してくれる場合もあるので効果絶大です。

7.就労ビザを申請する

仕事を見つけられれば、ほぼ目標を達成したようなものですが、これが採用過程の最終ステップではありません。次にしないといけないのは、シンガポールの就労ビザを申請することです。

幸いなことに、シンガポールは多くの外国人も生活する多文化都市であり、ビザを必要とする外国人を歓迎しています。ビザを取得するには、仕事を見つけ、登録料を支払い、申請書を提出する必要があります。オンラインでビザを申請し、わずか7日で手続きが完了します。

申請する前に、ビザの種類を知っておくことが大切です。一般的なビザの種類は次のとおりです。

・Employment Pass 少なくとも3300シンガポールドル(SGD)の所得がある人

・EntrePass シンガポールで事業を始めたい起業家のビザ

・Personalized Employment Pass すでに雇用パスを保持している高所得者のみに与えられるビザ、雇用条件において柔軟でと適格な業界で仕事をしている必要があります

・S Pass 最も一般的な就労ビザで、毎月少なくとも2200 SGDを稼ぐ必須の評価テストに合格した中間層のプロに与えられるビザ

8.引っ越しの準備

ビザと外貨の両替の準備ができたら、シンガポールに移動する準備の完了です! 安全で友好的な環境が整っている多文化な国として誇りを持つシンガポールでの生活での生活の方が、他のアジアの都市で生活するよりもはるかに快適です。大多数の人々は英語を話し、ものすごくおいしい料理もたくさんあります。

シンガポールで就職するための8つのステップ はコメントを受け付けていません。